Tuesday, 07 February 2012

神の手!のコト。

憲太郎です。

昨日リハビリ中に理学療法士の先生に
「土日に手話をたくさん使いましたか?」
と言われた。

その通り。
日曜日は大阪で講演があったのだ。
筋肉に張りがあるので手話で腕を動かした時は出来るだけ肩をほぐすとと良いですよとのこと。毎日のようにお世話になっているからか触っただけでちゃんと家でリハビリをしているか、腕を酷使していないか、すぐに分かるそうだ。
良い先生に出会えたことに感謝!

| | Comments (0)

Friday, 27 January 2012

『大丈夫』の手話は…のコト。

憲太郎です。
先日受けた手術の時、手術室に手話通訳者がいた。かなり画期的である。
しかも私がお願いしたのではなく当然のようにそこにいたのだ。オペ看や麻酔科の医師、主治医の説明全てに通訳がなされ、私の返答もしっかり通訳される。医師同士の会話も入ってくる。
なるほど、こんな話をするんだと一人うなずく。
麻酔が効いてくる瞬間をこれほど気持ちよく受け入れたのは初めてだ。もちろん手話通訳の手話を見ながら意識がなくなるという経験も初めてである。
最後に私は「大丈夫です」と手話で言ったのだが、意識がなくなった後、この「大丈夫」という手話の形のまま固まってしまったのだろうか?
オペ看あたりがそっと腕をたたんでくれたのだろうか?
それが今とても気になってる私である。

| | Comments (0)

Thursday, 13 September 2007

けんたろーの初めての宮崎

先日初めて宮崎に行った。
約1000人の参加者が集まった大会に呼んでいただいた。
分科会や研修会やアトラクションなどさまざまな魅力的な企画が行われていた。一番印象に残ったのが70歳以上の参加者への記念品贈呈式。
年配のろう者が舞台に次々と立つのだが、10人~20人くらいかなと思っていたら、なんと100人以上が次々と舞台に集まった。
みなさんの元気いっぱいの姿に会場が温かい雰囲気につつまれた。

Imgp0891_2

手話が本当に魅力的で何より笑顔が素晴らしい。

こんな風に年を重ねていきたいと強く思った宮崎の一日だった。

| | Comments (0)

Thursday, 10 May 2007

けんたろーの「高村真理子さん」

高村真理子さんが亡くなられてから一年が過ぎた。
製作に関わった「迂路」という映画を、カナダで開かれた国際ろう映画祭に出品するように勧めて、手続きなどの段取りを全部してくれたのは高村さんだった。「迂路」の英語字幕も高村さんがやってくれる事になりカナダにもアメリカ手話の通訳として一緒に行ってくれる予定だった。
映画祭の一週間前に亡くなり茫然としたままカナダに行った。「迂路」は映画祭で大賞を受賞した。
高村さんがそっと後押しをしてくれたからだ。


「迂路」の次に製作する予定だった映画に高村さんは主役として出演する事になっていた。
その当時高村さんは映画の仕事をしていて、バベルで手話指導をしていた。映画業界についても詳しくていろいろ教えてくれた。出るからにはきちんと役作りをしたいと言ってロケハンにも一緒に来てくれてカメラテストもした。その時の映像が手元にある。仕事人間の夫をもって苦悩する妻の役だった。

「誠意をもって取り組めば必ず協力してくれる人が現れる」と高村さんは言っていた。どんな時もいつもニコニコしていつも前向きに生きていた。

高村さんほど多くの人に愛された人はいない。

バベルもまた高村さんの後押しがあったのだろう。この映画の向こうには高村さんの笑顔がある。

Dsc_0002

| | Comments (0)

Monday, 04 December 2006

けんたろーの「若松さん」

  映画「迂路」の上映会のため鹿児島に行ってきた。
上映後に主演の那須さんと2人でトークショーをする。
途中で撮影カメラマンを務めた若松さんが壇上にあがると観客席がドッっと盛り上がる。
鹿児島は彼の生まれ育った故郷。
観客席にいるろう者のほとんどが彼のろう学校の先輩もしくは後輩で若松さんの照れながらも嬉しそうな顔が印象的だった。
今年62歳になる若松さんは、様々な撮影機材を個人で所有していて必要な機材を自分で設計して作ってしまうすごい人なのだ。
「迂路」は彼無しではありえなかったとほとんどのスタッフが言う。
夜の交流会で後輩達が異口同音に言う若松さんの魅力とは、
「人の話をきちんと受け止めてくれる」

「後輩をすごく大切にしてくれる」
「感謝と謙遜の心を持っている」などなど。
感動した私は、ホテルに戻ってさっそく奈良の後輩に久々に「元気?」とメールしてみた。
「なんかあったんですか??」と心配するメールがきた。

R0010352_1

約200人の観客の皆さん↑

R0010371
城山から眺める桜島↑

| | Comments (1) | TrackBack (0)