Tuesday, 21 August 2012

甘いものに・・・

憲太郎です。

最近会う人会う人に痩せた?と言われる。

今まで一番重かった体重を調べるとなんと95㎏を超えていた。
今は60㎏台後半だからその差約30㎏!

30Kgというと小学4年生位の体重なので、小学生1人おんぶして 生活していたわけだ。
歯を磨いている時も飯食ってる時も子どもを背負ってた自分を想像すると 笑ってしまう。

ここまで痩せたからと最近、今まで我慢していた甘いものに手がのびがち・・・なのだが、気を引き締めなければ!

20120821

| | Comments (2)

Monday, 09 July 2012

リンゴジュース

憲太郎です。

先日飛行機で飲み物を頼む時のこと。
CAにリンゴジュースと手話でやったら笑顔でリンゴジューズですねと手話で返してくれた。

つい相手は手話が分からないからと最初から筆談しようとしてしまいがちだ。

でもごく普通に手話で話していくことで広がっていくコミュニケーションもあるんだなと改めて実感。

写真はCAからもらったメモ。
こういうのってやっぱり嬉しいもんだ。

1341841772543.jpg

| | Comments (2)

Tuesday, 03 July 2012

表彰台の上から感謝

今日は肩の診察で昭和大学病院へ。通院何十回目だろう?

いつ来ても通訳者がいる環境は本当にありがたい。

最初は違和感あった久美の白衣姿にも慣れてきた。

主治医によると肩周辺の筋肉が衰えていることで靭帯がうまく動かせず痛みが出てるとのこと。

日常生活は問題ないがMTBで激しい動きをすると痛みでブレーキが握れなくなる。

これからはリハビリに加えて背中の筋トレをする必要とのこと。

完治は9月の見込み。

靭帯の怪我ってほんと時間かかるんだなぁ〜。

でも、ここまで動かせるようになったのも周りの支えのお陰。

完治したら表彰台からお礼のメッセージを伝えるのもカッコいい!と夢見てる私です。

1341307651254.jpg

| | Comments (1)

Wednesday, 29 February 2012

泣き叫べば…のコト。

憲太郎です。

今日で交通事故から五ヶ月が過ぎた。
先日ドクターに「関節がまだ硬いのでこれからは泣き叫ぶリハビリが必要」と言われた。
ということで現在毎日泣き叫んでいる。
ろう者の場合は叫ぶというより苦悶の表情で痛さを表すことになる。あまりの痛さに目は飛び出そうなくらいに開き、口は頬にくっつく位にゆがむ。
ふとリハビリ後に顔の筋肉がほぐれてることに気付く。ハリがあって水をはじくような感じ。
そうなのか!リハビリをすればするほどお肌がきれいになっていくのだ。
若返りの秘訣は泣き叫ぶことにあり!

| | Comments (0)

Saturday, 11 February 2012

Kさんのコト。

ここ2、3日前からどうも目がうずき鼻がむずむずする。恐らく『Kさん』の仕業に違いない。
頼んでもないのに勝手にまとわりつく非常に迷惑な存在がKさんである。
フルネームで言うと余計やってくるような気がするので我が家ではイニシャルで呼ぶことにしている。

本当はKと呼び捨てでもいいのだがそうすると何されるか分からないのでさんづけで呼ばざるをえない。

どうやら家にあるティッシュを全て保湿タイプの高いやつにして、2台ある空気清浄機を箱から引っ張り出す時期がきたようだ。
今年は早い段階できちんと耳鼻科に行き1月から薬を飲んでいるので、例年のようにKさんにやられっぱなしという事はないはずだ。ましてや今年は肩を痛めてるので激痛が走るくしゃみをするわけにはいかないのだ。

今年こそKさんとの激しい戦いを制し来年以降「さん」付けをやめてKと呼び捨てたい。
覚悟しろよ、K……さん!

| | Comments (1)

Thursday, 15 September 2011

風景に溶け込む,のコト。

憲太郎ですhappy01

どんなヒトでもモノでも,いつの間にか風景に溶け込んでいる,ってありませんか?
まずは手始めに以下の写真をご覧あれ。

201109151

分かりましたか?
むむ,分からない?
では,ヒントを入れた写真をもう一枚。

201109152_2

どうですか?

では,事の経過を説明しましょうsmile

iPhone4に買い替えてから1年が経ち,カバーもボロボロになってきた。
新しいカバーに替えるなら目立つ模様にしたい。
いつもiPhoneをどこに置いたか忘れて探してしまう。
ならば,派手な色ならすぐに気付くだろう。

そう思って見つけたのが目立つこと間違いなしのこのカバー。
何色も使っていて色合いも派手,絵も描かれている。

これですぐにiPhoneが見つけられると思ったのだが・・・

大きな誤算。

机の上の風景に溶け込んでしまってどこにあるのか分からないのだ。
いったん机に置いたが最後,探すのに一苦労する。

それが嫌でiPhoneを肌身離さず持つようになり,置く場所もしっかり決めた。
これで探す事もなくなったし,ある意味効果てきめんということだなsmile うん。

・・・というコトで,正解はこちらsign03

201109153

もうちょっと全体像を。

201109154

iPhone使いのみなさまにオススメですgood

| | Comments (1)

Monday, 28 September 2009

けんたろーの季節外れ?の花火

夏といえば花火!花火を見ないと夏を越せない私は、毎年必ずストーカーのごとく花火を追いかける。

横浜では毎年2回大きな花火大会が行われる。それなのに今年は一回も花火を見ることができなかった。私の中で夏が終わらない。

仕方なく数年前撮った花火の写真で「夏とのお別れ会」を開催した。以下がその写真。

Img_1687

来年こそ生で見るぞ!

| | Comments (2)

Monday, 14 September 2009

けんたろーの写真から感じたこと

Imgp3683_4

この写真は映画「ゆずり葉」をイメージしたものでモデルは学習塾早瀬道場の4歳の生徒。

24時間缶詰め状態で脚本に取り掛かりどうしてもアイデアが浮かばす頭をかきむしっては血がにじみ出てくるような日々にこの写真を撮った。

子どもが一生懸命に葉っぱを触ろうとしているが、どうしても届かない。ふと風がサッと舞い上がって葉っぱが大きく揺れた時にに子どもの手が触れる。その瞬間の子どもの笑顔がとてもステキでとっさにカメラを向けようとした。それ以上に子どもの手が何かを訴えかけているように感じて思わずシャッターを切った。

何かを伝えたいと思うとどうしてもストレートに表現してしまおうとする。でもこの写真のように子どもの伝えたい何かを画面の外に感じるような表現こそ観る人の想像をよりかきたて広がっていくのではないかと感じた。

あれほどもがいていたいのが嘘のようにパッと頭の中が晴れ渡って一気に脚本が膨らみがった。映画「ゆずり葉」の冒頭とラストはこの写真が大きなヒントとなって生まれた。

| | Comments (0)

Wednesday, 28 May 2008

けんたろーの修行が足りぬ

意外なことに花が好きだったりする。

花の名前や花言葉なんてのは全く わからないが、道端で花をみかけると思わずしゃがみこんでじっと見つめる。

花を愛でる心は備わっているのだ。

そんな私に妻は「摘んだらだめよ」とおっしゃる。

そのような顔をしているのだろうか?

私なりに花を愛でているんだよということを顔で精いっぱい表現してみた。

そしたらこんな一言が・・・。

「その花食べられないよ」

R0010028_5

まだまだ修行が足りぬようで・・・・。

追伸 今日からコメントを受け付けます。出来るだけ返事していきますね。

| | Comments (4)

Friday, 02 May 2008

けんたろーの泳がなくていい!

前回の写真を見た人から

「自分は泳いでないやん!」

「犬嫌いのくせにこの満面の笑顔はなんだ?!」

「ララとココは泳いでいるというより必死でおぼれないようにしてるとしか思えない」

と叱咤激励(?)のコメントが寄せられた。

この写真は、ペットOKのホテルの中にある犬用のドッグスパでの一コマである。

自分は泳がなくていい、ララとココを泳がせるだけでいいと思うとこれがまたとっても楽しいんですな。

自分以外の人や動物が海とかプールに入っているのを見るというのは好きだったりする。

以下私の好きな一コマ(撮影けんたろう)

Dsc_0040_2

| | Comments (0)