Sunday, 29 January 2012

久々のプール!のコト。

憲太郎です。
本日よりプールでのリハビリスタート。家から自転車で8分位のところに区民スポーツセンターがある。
去年の今ごろからプールに通い始めたところに震災による節電などの影響で行く機会が減り、事故のことも影響してますます行きそびれてしまっていた。
プールはずっと気になっていたし、ちょうどリハビリに水泳はとても良いとのことで再び行ってみた。
水中歩行をしながらゆっくり右肩を回していく。プールは泳ぐところと思いこんでいたのだが、意外にたくさんの人が水中歩行をしている。皆さん結構早いペースでスタスタと歩いていく。水中歩行とはいえそれなりのスピードで歩こうと思ったらなかなかにコツがいるのだ。
これはハマりそうであるhappy02
オリンピックの陸上競技の競歩のように、水中競歩という競技あるのかな。
泳げない人のためのトライアスロンとして水泳の代わりに水中競歩あれば面白いと思うgood

| | Comments (0)

Wednesday, 25 January 2012

笑顔で…のコト。

憲太郎です。

年明け早々入院してプレートをとる手術を受けた。昨日主治医より予後もばっちりということで、これからほぼ毎日通院しての本格的なリハビリもスタート。
これが無茶苦茶痛いのだ。
激痛を通り越して思わず微笑んでしまうくらい。
人間って本当に痛いと笑うしかないということがよく分かった。

今年の7月位には自転車のレースに復帰することが大きな目標shine

しかし、まず当面の目標は、今回の怪我で心配かけたりお世話になった人達に「ありがとう」と手話で伝えることだ。
元気な姿で皆さんと会えるよう今日も笑顔で(?)リハビリをこなしたケンタロウである。

| | Comments (4)

Thursday, 07 February 2008

けんたろーの「雪の降る日は」

先日スマイルフリースクールで亡くなった高校生の男の子のお別れ会をした。

彼はすごく雪が好きだった。本当は一緒に行くはずだったスキーをとても心待ちしていた。

一週間後には大好きな雪の中でさっそうと滑るはずだった。

いつも笑顔だった彼のために楽しいお別れ会にしようと言っていたのに、スマイルにいた4年間の彼のビデオを見た時は涙がとまらなかった。

この日東京は雪だった。「どうしたの?みんなでスキーに行こうよ」と彼が言っているかのようにずっと降り続けていた。

雪の降る日はいつも彼の笑顔が・・・・・。

| | Comments (0)

Wednesday, 16 January 2008

けんたろうの「その一瞬を大切に」

先週私の教え子の高校生が交通事故で急逝した。

君に自分はいったい何を伝えられたかと思うと悔しくて悲しくて仕方がない。

子どもたちの教育にかかわっている者として、その一瞬をおろそかにしてしまっていないかと自問する。

君の笑顔はもう戻ってこない。

安らかに・・・。

| | Comments (0)

Wednesday, 19 September 2007

けんたろーの愛犬家の道

 犬嫌いの私の家にキャバリアの2歳のララが来てから2年が過ぎた。
 1歳のココは家に来て1年経った。ララとココは聞こえる犬だが、手話がわかる。普通に犬に話しかける言葉のほとんどの手話が理解できる(らしい)。
 もちろんララとココが手話を流暢にあやつることはないが、なんとなく手話っぽい手の動きや眉の動きをしてくるときがある。

一番びっくりしたのは、久美と手話で会話をしている時のことだ。私が話している時は私をじっと見る。久美が話している時は久美をじっと見る。そして何気に相槌をうってくれる。

手話がわかる犬というのは、珍しいのだろうか?
この話をいろんな人にしても信じてくれない。

愛犬家の話によると飼い主がアメリカ人だと英語を理解するし韓国人だと韓国語を理解する。だから手話を理解する犬がいても不思議はないらしい。

話しかけると相槌を打ってくれるララとココのおかげか犬嫌いも克服しつつある。

手話がわかるというよりも私がララとココを受け入れてきたのを、ララとココも察してきたのだろう。近頃私を見る目が優しい。

愛犬家の道まであともう一歩だ。

R0010933_2

| | Comments (0)

Tuesday, 24 October 2006

けんたろーの「新たなドラマ」

犬のララが我が家に来てから今週末で一年が経つ。

私は動物が大の苦手である。生まれてから一匹たりとも動物を

飼ったことがない。唯一飼ったといえば小学生の夏休みの宿題で

アリの生態を調べた時だけだ。動物園には行った記憶がない。

例え行ったとしても記憶から除外されている。

そんな私とララとの一年間の付き合いは、

どんな恐怖もとい感動ドラマも太刀打ちできないだろう。

そしてついになんと二匹目の犬が昨日我が家にやってきた。

新たなドラマが今始まった・・・・・。

詳しくはとても私には書けないので妻に任せたい。

人気blogランキング

| | Comments (1) | TrackBack (0)