Thursday, 20 September 2012

MTB Japan series in Fujimi Panorama のコト。

富士見パノラマにて行なわれた「MTB Japan series in Fujimi Panorama」に参加tulip

まずは4時間エンデューロ男女ミックスチームの部門に憲太郎とペアで出場。

2012092001

二人ともこのあとにJシリーズを控えているので,足を酷使させないよう,かつJシリーズの練習と思って走るコトに。

2012092002

↑ここ,ここ!
Jシリーズでもこの下りが入っているので下りがニガテな憲太郎も克服good

残念ながら王滝がブッキング(毎年そうなんだけど・・・ずらしてほしいなぁ)していたので,エンデューロの参加者は少なかったのだが,その分みんなと顔見知りになってアットホームな雰囲気happy02

結果は・・・
憲太郎20周,あたし5周のトータル25周で総合3位。
男女ミックスチーム部門では優勝でしたcherry
賞品はずしっと重たい新鮮な野菜さんたち。
2012092003

そして・・・いよいよMTB日本最高峰のレースのJシリーズ富士見大会スポーツクラスに出場bicycle
Jシリーズでは年間に数回大会があり,順位ごとにポイントが付与され,そのポイント合計でクラスが決まる。男子はスポーツクラス⇒エキスパートクラス⇒エリートクラス,女子はスポーツクラス⇒エリートクラス。ちなみにエリートクラスのトップ選手はオリンピックや世界選手権に出場するレベルです。
あたしはガシガシやるほうではないので,いつまでもスポーツクラスの底辺をうろちょろしているのだが,憲太郎はスポーツクラスからエキスパートクラスへの昇格を目指しているので少しでも速く,テクニカルに乗れるように毎日少しでも時間を作って練習している。だから,その努力の成果が出てくるのが特にJシリーズの魅力だと思うhappy01
特に昨年9月の交通事故で,目前に迫っていたエキスパートクラスへの昇格が台無しになってしまい,それからほぼ1年。MTBレースはいろいろあるけど,今年はリハビリ&Jシリーズに重点をおいてきましたgood

clovercloverclover

以下は憲太郎のレポートmemo
前回7月の富士見大会はメカトラによる113位の最下位だった。
今回は約110人が出場。32番なので5列目に並ぶ。距離が短く,たった2周なので高速レースで一回落車したらかなり順位を落としそうだ。

スタートダッシュを狙うが渋滞につかまってしまう。

最初の下りでは珍しく誰にも抜かれず,28位あたりで長い登りに入る。

あら!
脚が回る!
1人抜き,また1人抜き・・・気がついたら15人も抜いていた。
いつもなら重いギアで踏み込むところを今回は軽いギアで回転数を上げていったのが良かったのかも。

今回の目的は,絶対に無理せず確実に昇格ポイントをとること。

しかしトップグループが近くに見えて6~7位になった時に余計な欲が出てきた。

これはいける!
ここは無理してでもガンガンいかなきゃ!
うひひ,もしかして表彰台???

なんて思った瞬間に痛恨の落車。
サドルが曲がってしまった!

サドルの先が太ももにあたってペダルが回せない。

あ~!
やっちまった~。
俺ってなんてバカなんだろう。

どんどん抜かれて気持ちが折れてしまいそうになる。

ふと前回の113位の数字が思い浮かぶ。
どんなに今遅くても前回よりはマシなはずと思うと頭がスーッと落ち着く。
なんとか片足ペダリングでゴールmotorsports

・・・なんと12位!!
ボイント86点ゲットして来年度は念願のエキスパート昇格ほぼ確定!!

悔しい気持ちもあるが結果を残せたことに気持ちも納得。

それにしても【欲を出すと失敗する】を絵に描いたようなレースであった。

クミは女子スポーツに出場して完走。
しかしひざから血が流れ落ちていた。ひどく転倒したらしい。
それでも帰ってきたのはさすが。今週末もレースあるが休んだ方がいいかも?!

clovercloverclover

この日は残念ながら憲太郎が翌日朝早くから東北へ仕事にいくため,スポーツクラスのあとのエキパ&エリートの応援はあきらめて富士見パノラマスキー場を出発。その帰りに見えたのが虹sun

2012092004_2

スタッフのみなさん,いつもわたしたちを気遣って下さっているみなさん,応援してくださったみなさん,本当にありがとうございました!

またレース会場で会いましょうheart04

| | Comments (2)

Wednesday, 15 August 2012

東北MTBフェスティバルのコト。

行ってきましたよ,東北MTBフェスティバル2012bicycle
5月半ばに宮城県田束山にておこなわれた“たつがねMTB大会”に引き続き,今回は宮城県と福島県の境にある七ヶ宿スキー場というところで開催。東日本大震災の影響を受けた東北を元気づけるために開催されているというコンセプトに賛同,わたしたちが参加することで少しでも地元に貢献できればと思って参加してきました。
 http://www.tohokumtb.dynoco.jp/index.php?FrontPage

さてさて1日目の8月11日(土)は3時間エンデューロ。
憲太郎・箭内くん・あたしのミックスチームでエントリー。チーム名はウキウキと元気づけるために「JDCA 秀HEY!チーム」に。なんじゃこりゃ?って方のためにちょっと説明を。「JDCA」とは「日本ろう自転車競技協会」の英略字。そんで「秀HEY!」とは我らがMTBのホープ,箭内くんの下の名前からパクリ。そんだけですhappy02
最初は5組くらいエントリーしてたのに実際は3組だけにwobbly
エンデューロのコースを試走してみるとスキー場の下からのスタートだから坂が長~い。でもたつがね大会のトキのほうが気が遠くなるほど長かったので「たつがね・たつがね・たつがね・・・」とおまじないを唱えながら走るコトにしましたcatface そんなコトを考えていると突然パンク。そこはほぼてっぺんのほうでエスケープルートもなかったので,しかたなくバイクを押して登って降りて戻り,早瀨家のメカニック・憲太郎にチューブを交換してもらいました。試走のトキにパンクしてくれてよかったsign03

さてトップバッターは憲太郎。余裕マンマンのガッツポーズpunch
2012081501_4

そしてスタートゲートにはもはやお馴染みとなったスタート前の合図ボード。これがあるのでいつもスタート前はリラックスして待機できるようになりました。本当にありがたいコトです。

2012081502_5

今回のエンデューロは3時間なので,チームメンバーの配分を打ち合わせ。あたしはのろのろさんなので1周を全力で走るというコトで,憲太郎と箭内くんの間に入ってガシガシ走る作戦flair

・・・ッと。
むむっ憲太郎よ,キミもか?!
2012081503

そう,憲太郎もパンクしちゃいました。レース中なのでイノシシのごとく駆け足でピットエリアまで戻ってきました。箭内くんとバトンタッチし,憲太郎はチューブ交換。

そぉんなハプニングもありましたが・・・

無事に3時間を走り抜きましたmotorsports
2012081504_3

そして・・そして・・・結果は・・・sign02
なんと優勝しちゃいましたぁshine
2012081505_2 2012081506_3

2位のご婦人たちはJシリーズやスペシャライズドデイズなどでも顔を合わせるようになり,Facebookでもつながったりと新しい縁をつなぐコトができましたlovely

表彰式のあとはチャリティオークションや竹谷さんとのじゃんけん大会。
いろんな景品をかけてじゃんけんrock でも憲太郎も箭内くんもあたしもじゃんけんが弱くまったく勝てず。それが最後の最後に・・・勝ち残っちゃいました~~~~~あたしの力強く握ったグーrockで。景品は折りたたみMTBですbicycle
2012081507_2

夜は待ちに待ったロンドンオリンピック女子MTBbicycle
日本からは片山梨絵さんが出場しているのでインターネットでリアルタイム応援notes
2012081508

これで1日目のアドレナリン放出完了!
早く寝てアドレナリンを補充しなくちゃ。

さて2日目8月12日(日)はXCレース。
あたしは3時間EDの疲れもあると思って距離の短いビギナークラス。憲太郎はスポーツクラス,箭内くんは思い切ってエキパクラス。

まずはあたし。TeamARIのジャージを着ているから速そうに見えるでしょsmile
2012081509

次はスポーツクラスの憲太郎。
前からやってみたかったコトをやっと実現させるコトができましたsmile
2012081510_2
そう,スタート時にパラソルで日よけ。エリートクラスなど強い選手のトキはこういうシーンがよくあります。パラソル持ちの箭内くんの態度がイケてるねpig

最後はエキスパートクラスの箭内くん。真ん中には竹谷さんが。
2012081511_2
エキパクラスの動画がYouTubeにあったのでリンクを貼っちゃいます。 箭内くんが映ってますsign05
 エキパクラスの動画

この日の結果は・・・
久 美:女子ビギナークラス 優勝
憲太郎:男子スポーツクラス 優勝
箭内くん:男子エキスパートクラス 3位
でしたぁぁぁぁ
2012081512_3 2012081513_2 2012081514_2

応援に来てくれたTeamARIのみなさんと
2012081515_2

2日目のアドレナリンも放出完了!

最後に・・・
今後も復興支援のためにこのような大会にできるだけ参加していきたいと思っています。今回は渋滞が心配だったので最後までいずに帰ってきましたが,アットホームでいろいろ楽しめる大会でした。次は10月7日~8日,福島県猪苗代町で行なわれる「ジンギスカップ」に参加する予定です。みなさんもぜひ!!!
 http://jingisu-cup.com/

| | Comments (1)

Wednesday, 08 August 2012

オリンピックMTBのコト。

久美です。

わたしたちは以前より趣味でMTBで遊んでいたけれど,去年から本格的にレースに出るようになるといろんなつながりができてきます。もとはと云えば,レース会場とかでアナウンスがあると聞こえないわたしたちには分からないので日本MTB協会や大会主催者に対して「聞こえないからスタートの合図やアナウンスはボードなどに書いて教えてほしい」と積極的に声を挙げるようになってから,実に多くの方々とつながりが生まれています。

特に,blogでも時折紹介させて頂いている渡邉Joeさんとの偶然な出会いから,わたしたちのつながりは一気にオリンピック選手まで広がっています。
女子MTB選手の片山梨絵さん。
 http://www.joc.or.jp/games/olympic/london/sports/cycling/team/katayamarie.html
昨年の秋に東京都立大塚ろう学校で行なわれたデフサイクルフェスティバル2011ではjoeさんの取り計らいで梨絵さんがステージに登壇し,トークショーやファッションショーの審査員を務めて頂き,参加者を楽しませてくださいました。そんなこんなでつながりが強くなり,レース会場などで梨絵さんの笑顔を見ると元気になるわたしたちです。

さて,今年のロンドンオリンピックでは女子MTBの枠が1つ取れ,梨絵さんが日本代表として向かうことに。男子MTBは山本幸平さんが。
 http://www.joc.or.jp/games/olympic/london/sports/cycling/team/yamamotokohei.html

2人ともさすがオリンピック代表だけあって,レース会場では迫力ある走りを見せてくれます。ぜんぜんあたしなんか背中を追うなんてムリだけど,つながりは大切にしていきたいなと思っています☆

オリンピックの応援グッズもMTBの友人がうちらのためにゲットして来てくれたので日本から応援したいと思っています☆

20120808

男子MTB 8月12日(日)21:30~(日本時間)
女子MTB 8月11日(土)20:30~(日本時間)

【放映時間】
■放映予定表(録画)
 http://jcf.or.jp/wp2012/wp-content/uploads/downloads/2012/07/NHK_BS1.pdf
■ネット生中継(ライブストリーミング)
 女子MTB 8月11日(土)20:30~22:30
  http://www1.nhk.or.jp/olympic/live/streaming/OA0000001096.html
 男子MTB
  http://www1.nhk.or.jp/olympic/live/streaming/OA1000000160.html

・・・そして,来年の夏はブルガリアでデフリンピックが行われます。

自転車競技はロードとMTBがあるので,応援宜しくお願いします☆

| | Comments (0)

Monday, 23 July 2012

スペシャライズドデイズのコト。

久美です。

待ちに待ったスペシャライズドデイズ!
http://specialized-days.jp/

初めての開催だそうです。聞こえないわたしたち6人にとってはやっぱりスタートの合図と会場アナウンスが聞こえないので、紙に書いたりして教えて欲しいと事務局にお願いしたら快諾。ありがたいコトです。

そして当日。
1日目は栂池高原でヒルクライム。
天気は霧雨やら豪雨やらのオンパレード。
憲太郎は先週の富士見Jシリーズでやっちまった背中のヒビもまだ治っていない中でのヒルクライムはどうやろ?DNFしちゃうべ?とぎりぎりまで迷いつつもせっかくの機会だから出ようぜ!とTeamARIのジャージで気持ちを奮い立たせてスタンバイ。
1343048095631.jpg

ここからおよそ12キロの登り坂を上がっていくのだ。あたしはすぐにロープウェイに乗って上を目指す。ロープウェイからヒルクライムのコースがちょうど見えるポイントがあり、選手が米粒のように見えている。途中でロープウェイからゴンドラに乗り換える途中ではたまた見えてきた。
1343048097093.jpg

わかるかな?
よぉく見てみると真ん中ほどのところに選手が走ってますよ。憲太郎の姿を確認すると、すぐにゴンドラで山頂ゑ。

ゴール付近で待機。
…来た来た!
1343048098027.jpg

ゴール!
さてさて気になるリザルトは?

なんと!
10位/112人中 でした!
すげぇすげぇ!
TARMACカップ ヒルクライムPROクラス男子31歳-45歳

ヒルクライムのあとはメイン会場のHakuba47へ行って展示を見て来た。スペシャライズドの2013モデルが目白押しで大興奮。ロンドンオリンピックの代表選手の片山梨絵さんが乗っているFATEのNEWカラーが欲しくなっちまったぜ。スペシャのスタッフの方からもいろいろ話を聞けてよかった。

ちなみに展示会場の入り口にはこんなのがありました。
1343048098734.jpg
これはたぶんだけど視覚障害者と伴走者との二人乗りかなぁと推測。スタッフに確認すればよかった…

さて2日目は6時間耐久エンデューロ。
憲太郎&日高さん&宮田さんでオッさんずチーム。
箭内くん&小嶋くん&あたしで姫とナイトチーム。
1343048099666.jpg

もぉ気合いマンマンです。
箭内くんからはあたしは呑んで寝てていいよ、とナイトらしいお言葉。でもそれではおてんば姫の名が泣くのでもちろん出場。

最初のスタートは当然憲太郎と箭内くん。2時間、4時間も同時スタートだからコースが混み合うコトを予測し、Jシリーズなどで鍛えて来た瞬発力でぐいぐいと前へ前へが作戦の一つ。
1343048100695.jpg
前から2番めの列をキープし余裕の笑みの2人。
最前列の真ん中にはスペシャライズドの契約選手である小野寺健選手。

午前8時に一斉にスタート!
やはり思ったとおり、スタート後最後尾がスタートするまでにかなり時間がかかってました。うちらは14時まで交代で走り続けるので、自分は何周走るか、どれくらいのペースで走るかなどと作戦会議をこまめに。
梨絵選手や健選手もみんなといっしょに走ってくれ、あたしが走っているトキには健選手の大ファンである憲太郎が悔しがるくらい健選手が走りをサポートしてくれる嬉しいサプライズも☆それにほかの知り合いの選手もポンっと背中を叩いてくれたりガッツポーズをしてくれたりと温かい雰囲気でいっぱいでした。そんな雰囲気が大好きで、ピットエリアで様々な選手の走りを見たり、他のチームやソロで走っている選手を応援したり…と呑んだくれてる場合では…ない!
後半のあたりであたしが交代するトキにいきなりスコールみたいな雨に降られ、頭から足までビショビショになりながらもペダルを踏み込む。そのあとのコースコンディションは最悪。前日からの雨のせいでマッドなコースがさらにぴちゃぴちゃになってそこを通るコトで頭から泥が吹きかかる。

そんなこんなで6時間が経過。
みんなゴォォォォールぅ!
お互いに抱き合い、泥を共有。みんな顔全体が泥パック状態でツルツルむきタマゴ効果を期待してしまった。
1343048101837.jpg

これぞ!
オトナの泥んこ遊び。
みんな走り切った笑顔です。

で。
リザルトは?

むふふ。
なんとなんと!
姫とナイトチームが3位に入賞ですぜ!!!
オッさんずも負けじの5位。
1343048102742.jpg

乗りましたよ、表彰台。
2位の輪工房の向井数詞さんとは前日のヒルクライムで憲太郎といい勝負だった方。こんな新しい出会いもあるから、またレース会場で会うトキが楽しみになって来るんだよな~。
EPICカップ 耐久6時間 グループ

もちろん忘れずに思ひ出づくりも。
竹谷賢治さんと。
1343048103556.jpg
竹谷さんはもとオリンピック代表で現在はスペシャライズド契約アドバイザーなど活躍していらっしゃる方です。

小野寺健選手と。
1343048104495.jpg
細い身体のどこにあんな速くてタフなエネルギーが秘められてるんだろうといつも思います。

片山梨絵選手と。
1343048105519.jpg
一応、オリンピックの手話をみんなで組み合わせて…輪が多すぎるやん!というツッコミはなしで。
ロンドンオリンピックのMTBは8/11です。
ぜひ応援を!!

最後に…
1343048106624.jpg
みんなでスペシャライズドのマーク『S』を。

2日間アドレナリン全開しっぱなしのスペシャライズドデイズでした。また来年もアドレナリン放出しに行くわよ!

| | Comments (3)

Saturday, 14 July 2012

ほんわか…のコト。

富士見パノラマスキー場ゑ向かう途中の談合坂SAにて目撃!ものすごい渋滞で、談合坂のお手伝いもめちゃ並んでいたが、何人かが上を見上げているのでつられてみてみると…

1342273737649.jpg

いいねぇ。
ほんわかしてきました。

さて今日はJシリーズのダウンヒルレース。
日本ろう自転車競技協会のメンバーがダウンヒルに出場するというコトで応援に。
うひゃ~XCとはちがった迫力が…

明日はXCです。
今日の試走でかなり怖いコースもあったけど、とにかく完走を目指して走ります☆男子スポーツクラスは128人もいるので、憲太郎はどこまでいけるか…

そうそう、また新しい出会いもありました。
山梨県に住んでいるろう夫婦が家族で応援にきていました。もともとスポーツ派らしくMTBにも興味をもっていました。さらにあるろう学校の先生だという女性も来ていたりと偶然な出会いも。
こうやって広がりができてくると嬉しいね。

| | Comments (0)

Monday, 16 April 2012

ダブルで!のコト。

来ました来ました!
シマノバイカーズフェスティバルのお知らせ。

1334583994427.jpg

こんな感じ。
ウキウキしながらくるくると開いてみる。
種目も増えて、どれに出ようかと相談。

1334583995801.jpg

んん???
写真!

拡大拡大!

1334583996659.jpg

えええっ!
これって憲太郎じゃん。
チームアリのジャージ着て、真っ赤なスペシャライズドに乗っている。番号も覚えている。

うひょーと大喜び。

そんでもっかい表紙からよくみてみると…

1334583997437.jpg

こりゃこりゃ。
またまた日本ろう自転車競技協会の
ジャージを着ている憲太郎がチームアリの有持真人さんと映っている。

ダブルじゃんheart04

というコトで今年も出ますので、みなさんもぜひいっしょに。
昨年は2時間エンデューロに箭内秀平くん、鈴木満美子さん、憲太郎、あたしの4人で出て2位でした。今年は…?!

http://www.shimano-event.jp

| | Comments (0)

Tuesday, 10 April 2012

ルイガノグリーンカップ2012

ルイガノグリーンカップは本当にお祭りです。
日本ろう自転車競技協会からも10人くらい出ます。

http://www.2012.louisgarneaucup.net/index.php?FrontPage

MTBに慣れていないヒトも楽しく走れると思います☆
ぜひ参加してみてください!そして会場で会いましょう。

| | Comments (0)

Tuesday, 03 April 2012

緑山での舞台裏のコト。

昨日はたっぷりレースのコトを書きました。
でもまだまだ書ききれなかった方々がいらっしゃるので、続きをば…

まずはジャンボさん。ちょうどあたしはその場を外していて戻ってきたトキにずいぶんデッカい巨人さんがいるな~と。話を聞くと、ジャンボさんも渡邊JOEさんが紹介してくださり、法政大学でMTBを教えているとのコト。
いいねいねー、いっしょにトレーニングしたい!

あと、早瀬みきさん!
JシリーズXC女子のスポーツクラス。
エントリー表をみたトキから気になっていたので、最後に声をかけて頂きました。同じ早瀬だ~キャ〜キャ〜と女子力テンションアップup
そしてなんと…お誕生日も同じなんですッ
あたしもそろそろJシリーズデビューしようかなと思っていたので、早瀬姉妹(どちらが上かは謎のままにしときましょう)で頑張りたいなと思ってます。

最後に、何度も名前を出させて頂いてる我々の師、渡邊城作氏と有持真人氏のBlogにもわたしたちのコトが掲載されていますので紹介させていただきますheart04

渡邊Joe氏のblog
有持真人氏のblog

| | Comments (1)

Monday, 02 April 2012

充実感たっぷりの緑山のコト。

本年度最初のMTBレース「MTB FESTIVAL 2012 Spring in 緑山スタジオ・シティ」に日本ろう自転車競技協会MTB部隊3名プラス一般の4名で参加bicycle
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mtb/MTBSpring2012%20youkou2.pdf

まず午前中はJシリーズで箭内秀平くんがスポーツクラスで出場。
2012040101
昨年は足切り(トップのタイムから80%を切ってしまうと次の周回に入れず終了させられてしまうツラいルール)で,悔しそうな顔を見ていただけに,完走できたのがスゴイなと感激。ダンナは残念ながらまだ完全に復帰ではないのでJシリーズ出場は見送り。あともうちょっとあとかな・・・catface

そして次はエキパクラス,キッズなど種目があって正午ごろから2時間耐久エンデューロgood
2時間走り続けて,何周できるかを競うルールです。憲太郎とあたしは男女ペアで,箭内秀平くんと小嶋太郎さんはソロで。
2012040102
憲太郎は肩の痛みはあるものの,脚力はあるのでだいぶ走れるようになりました。

そして・・・結果は・・・

ジャンジャカジャンnotes
2012040103
見ての通り,箭内秀平くんがソロでshine優勝shineですhappy02
一般のMTBレースでろう選手が優勝するなんて初めてじゃないsign02sign02sign02sign02
今回の優勝者はコメントを話す機会があったので,当然箭内くんは手話でコメントを述べました。

さてさて,クエスチョン。
手話は一般のヒトには伝わりません。どうやってギャラリーに伝えたのでしょうか?
むろん手話通訳はいませんよ。

アンサーflair
わたしが箭内くんの手話を見てボードに書き,そのまま司会がマイクで読み上げるといったワザでみんなに伝えました。だからなのか,ギャラリーもしっかりと箭内くんの手話に釘付けになっていましたcatface

一般のレースでの優勝台から手話でコメントを見るなんて・・・感激です。

そして男女ペアは・・・?
ジャンジャカジャンnotes
2012040104
2位ですscissors うふふsmile
優勝したのは男女ともにJシリーズスポーツクラスの選手でした。うちらももっと頑張って練習を積み重ねていけば,来年はいい勝負になるかなぁ??
商品はスポンサーの一つ,花王のバブにタオル,自転車用のブラシと豪勢に。
2012040105
夜はじゅわじゅわと湧き上がるお風呂で疲れをとりましたheart04

そしてこの緑山ではいろんな舞台裏がありました。

一つは憲太郎と箭内くんが所属している一般のMTBチーム「TeamARI」のメンバーに起こったハプニング。
2012040106
エリートクラスの有持真人さんはチェーン切れ。それでも時間が許す限り自転車を押して走り続ける姿に真のレース魂がひしひしとspa
2012040107
そしてこちらはエキスパートクラスの牧野元さんのハンドルがご覧の通り。ブレーキがフレームの向こう側にくるっとまわりこんでしまって戻らない。当然走れない・・・
MTBレースに出る以上,こういうコトもあるんだなぁとしっかりと目に焼き付けました。

次に思いがけない出会いが。
2012040108
憲太郎が大ファンの小野寺健さん。彼の走りを見て,MTB魂に火がついたそうです。
スペシャライズドのチームジャージも頂いて,有頂天になっている憲太郎。でも小さめなのでもっと痩せに痩せてから着ます。
なぜ小野寺さんと出会ったのか??
それも以前にblogで書いた渡辺Joeさんの紹介。
縁が縁を結ぶ。素晴らしい!
エリートクラスのレースでは小野寺さんの軽やかな走りにほれぼれさせられました。
2012040109

最後に。
これは本当に画期的なコトで,ぜひ全国の大会,他の種目でも注目してほしいと思っています。繰り返しますが,縁は縁を結ぶ,で昨年から本当に多くの方々に出会い理解を得ています。そして渡辺Joeさんの取り計らいもあり,いつもレース前の集合やタイム,周回数などのアナウンスが聞こえずまったく状況が分からないというコトに対する配慮をしてくれるコトになりました。
2012040110 2012040111 2012040112 2012040113
当たり前のコトだと思ってほしいのだけど,ボードに書くと云うコトは,聴覚障害者のためではなく,みんなのためでもあります。つまり,健聴者でもつい聞き逃すコトがありますよね。そういうトキに文字によって情報が視覚的に残っている状況を作るのが大切だと思います。それがたまたまその場にいる聴覚障害者にとって助かった~という感覚になればいいなと切に願っています。
また,昨年の新東名でのレースのトキも事前に聴覚障害者は申し出てキャップカバーを貸し出してもらうとか手話通訳を配置してもらうとか交渉して,実現していただきました。方法はいろいろありますが,サポートを受けるコトで,一般のレースに聴覚障害者も安心して挑み,結果を出していくコトを積み重ねていくのが大切なのかなぁと思いました。

お世話になったスタッフのみなさん,本当にありがとうございましたcherry

| | Comments (2)

Friday, 24 February 2012

写真をよく見ると...のコト。

今年もやってきましたよmotorsports
「LOUIS GARNEAU GREEN CUP」

昨年は,ダンナと友人がそれぞれソロで5時間ずっとMTBで走り続けるレースに出場。最後のほうでダンナがほかの選手から接触されて地面にたたきつけられるというハプニングがあったものの,ダンナも友人も無事に完走し,泥&汗まみれの笑顔で抱き合うというシーンでしめくくったbicycle
http://jdca-2010.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-1857.html

その日はわたしにとって初めてMTBレースを見た日で,周回ごとに飲みものや食べ物を渡すサポートをしながら汗と泥にまみれて充実感に満ちあふれている選手たちの顔に感激したものだった。しかも少ないながらも女性も出場していてとてもカッコよかった。だからわたしもMTBレディになるんだ!とこころに誓ったのだ。
それに,このレースのおかげで「team ARI」と出会い,いまやダンナも友人もお世話になっている。

このようにインパクトのあったレースが今年もやってきます。
http://www.2012.louisgarneaucup.net/index.php?FrontPage

昨年このレースが終わったあと,ダンナも友人も「来年は5時間ソロではなくチームを組んで出たいよね〜」と話していたので,今年はチームを組んで出場します!(予定)
バリバリ系ではなくファミリー感覚のレースなのでみなさんもぜひhappy02

ところで,上に紹介した LOUIS GARNEAU GREEN CUP のウェブサイトを見た方。
お気づきでしょうか?
・・・と云っても「これじゃ云われてみないと分かんないよ!」とツッコミが来そうなのでsmile
トップページを飾っている写真のとこ。
できるだけ大きく大きく拡大してみてください。
「毎年恒例のLOUIS GARNEAU GREEN CUP 2012年開催決定!」
の青タイトルが重なっていますね。その“GREEN”の上部分をよぉく見てくださいeye
青いシャツ&黒いヘルメットがダンナですcatface
そんで蛍光黄緑っぽいのシャツの選手を挟んでさらに隣にいる青い縦縞のシャツ&黄色いヘルメットが友人の箭内秀平くんnotes
二人とも文字タイトルに隠されずにうまく真ん中に収まってるではないっすか!!
ちなみに一番最初にスタートを切っている黄色いヘルメット&虎シャツが「team ARI」の有持真人さんですgood

| | Comments (2)