« MTB Japan series in Fujimi Panorama のコト。 | Main | 市民公開セミナー 第9回 聴覚障害者の医療講演会のコト。 »

Friday, 12 October 2012

日本手話研究所のパブリックコメントのコト。

2006年から(社福)全国手話研修センター 日本手話研究所 標準手話拡大普及研究部の研究員をやらせて頂いています。そこでは新しい手話を考え,確定,普及させるという役割をもっています。

手話はむかしから会話の中で自然に生まれて継がれていくタイプと外来語や造語のように新しく出てくる単語に合わせて作られるタイプがあります。手話は「視覚的言語」なので,手話を見てある程度意味やイメージが伝わらないといけません。なので,新しい手話を作るには最低限のルールにしたがって研究員みんなで考えていくのです。
さて,日本手話研究所では「パブリックコメント」といって,さまざまなろう者や手話通訳者,一般の方々からの意見を求めるコーナーを設置しています。2012年度第1回は終わってしまいましたが,第2回をいまやっているので,ぜひご覧になって,どんどん意見を出してください。
宜しくお願いします☆
 
2012年度第2回(25単語)の募集期間:2012年10月8日~19日

|

« MTB Japan series in Fujimi Panorama のコト。 | Main | 市民公開セミナー 第9回 聴覚障害者の医療講演会のコト。 »

Comments

今、手話初級講座で学んでいます。みんなの手話をみていたら、けんたろう先生がダメ!っていう手話を教えて下さいました。親指をたてて前へ。表情は厳しく。
海外では、手話ではないですが、いいね!とか、グッド!の意味のところがあり、意味が真逆なのにビックリしました。国際化とともに検討されることはないかな⁈と思った手話でした。

Posted by: meirin0305 | Sunday, 30 December 2012 at 09:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« MTB Japan series in Fujimi Panorama のコト。 | Main | 市民公開セミナー 第9回 聴覚障害者の医療講演会のコト。 »