« シマノバイカーズフェスティバルにて | Main | インケツのコト。 »

Wednesday, 01 August 2012

ろう教育集会のコト。

久美です。

もうすぐ夏の北海道で「第24回ろう教育を考える全国討論集会」が行なわれます。
思えばあたしが初めて参加したのは大学2年か3年だったかな。。。和歌山県の高野山で行なわれた集会。お寺に泊まったっけ。いつだったかなとネットで見てみると,第7回だって!うわぉひとケタじゃん。若いじゃんあたし。で,それ以降は神奈川や栃木,埼玉など何度か参加してきたなぁ。そのころって,ろうの子どもたちを取り巻くろう教育環境がいろいろとあるときであたしも教育専攻ではないけど一人のろう当事者として関心が深く,勉強してきました。
最近では教育現場での手話環境も整ってきたうえで,指導法などの技術的な部分が求められて来てるのだろうなぁと思います。いや,教育専門ではないので漠然と感じたコトだけですが。

憲太郎は教育の専門家なので,ろう教育集会の場でも登壇の機会を頂いております。
当日参加もOKらしいので,みなさんもぜひ夏の北海道へ!
そして北海道在住の健聴者のみなさんも興味があればぜひ顔を出してみて下さい。

http://www.normanet.ne.jp/~deafedu/hokkaidoannai.pdf

=====
第24回ろう教育を考える全国討論集会in北海道

日 時:2012年8月4日(土)~8月5日(日)
会 場:北海道・札幌市
  参加申込書は、下記宛に送って下さい
    〒060-0002
    札幌市中央区北2 条西7 丁目 道立社会福祉総合センター内(かでる2・7)
    社団法人北海道ろうあ連盟 気付
    第24 回ろう教育を考える全国討論集会in 北海道実行委員会
    FAX 011-281-1289 TEL 011-221-2695
    E-mail hokurouren@vega.ocn.ne.jp

プログラム(一部)
 記念講演 「改正障害者基本法第3条をどう活かすか」
         田中慎也氏(日本言語政策学会会長、手話言語法制定推進研究会オブザーバー)

 分科会1 『乳幼児期から児童期のコミュニケーションと教育』
    座長: 小中栄一、福光哲夫
    指定討論者: 内門佑、斉藤友介、木島照夫

 分科会2 『手話と日本語一難聴児・ろう児の学ぶ力一( パネルディスカッション)』
    司会: 長谷川洋
    パネリスト: 高田英一、米内山明宏、渋谷雄幸、早瀬憲太郎、新井孝昭

 分科会3 『中・高等教育』
    座長: 飛騨圭佑     指定討論者: 高橋真里

 分科会4 『手話言語法を今後のろう教育に活かすために』
    座長: 西滝憲彦     指定討論者: 田中慎也、木下武徳

 分科会5 『難聴学級』
    座長: 田中清之     指定討論者: 池田寛

 分科会6 『ろう重複障害教育』
    座長: 松永朗       指定討論者: 河村文子

 基礎講座A 身体表現
    司会・講師: 佐沢静枝、野崎誠(劇団しゅわえもん)

 基礎講座B 「北海道における聴覚障害者教職員の歴史」
          ~最後の聴障校長・辻本繁から聴障教職員採用運動~
    司会: 一色秀和
    講師: 一色秀和(司会兼任)、岩井真里子、山根昭治、中根伸一

 この他、小学生・中高生企画などもあります。

|

« シマノバイカーズフェスティバルにて | Main | インケツのコト。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シマノバイカーズフェスティバルにて | Main | インケツのコト。 »