« 四月、のコト。 | Main | 緑山での舞台裏のコト。 »

Monday, 02 April 2012

充実感たっぷりの緑山のコト。

本年度最初のMTBレース「MTB FESTIVAL 2012 Spring in 緑山スタジオ・シティ」に日本ろう自転車競技協会MTB部隊3名プラス一般の4名で参加bicycle
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mtb/MTBSpring2012%20youkou2.pdf

まず午前中はJシリーズで箭内秀平くんがスポーツクラスで出場。
2012040101
昨年は足切り(トップのタイムから80%を切ってしまうと次の周回に入れず終了させられてしまうツラいルール)で,悔しそうな顔を見ていただけに,完走できたのがスゴイなと感激。ダンナは残念ながらまだ完全に復帰ではないのでJシリーズ出場は見送り。あともうちょっとあとかな・・・catface

そして次はエキパクラス,キッズなど種目があって正午ごろから2時間耐久エンデューロgood
2時間走り続けて,何周できるかを競うルールです。憲太郎とあたしは男女ペアで,箭内秀平くんと小嶋太郎さんはソロで。
2012040102
憲太郎は肩の痛みはあるものの,脚力はあるのでだいぶ走れるようになりました。

そして・・・結果は・・・

ジャンジャカジャンnotes
2012040103
見ての通り,箭内秀平くんがソロでshine優勝shineですhappy02
一般のMTBレースでろう選手が優勝するなんて初めてじゃないsign02sign02sign02sign02
今回の優勝者はコメントを話す機会があったので,当然箭内くんは手話でコメントを述べました。

さてさて,クエスチョン。
手話は一般のヒトには伝わりません。どうやってギャラリーに伝えたのでしょうか?
むろん手話通訳はいませんよ。

アンサーflair
わたしが箭内くんの手話を見てボードに書き,そのまま司会がマイクで読み上げるといったワザでみんなに伝えました。だからなのか,ギャラリーもしっかりと箭内くんの手話に釘付けになっていましたcatface

一般のレースでの優勝台から手話でコメントを見るなんて・・・感激です。

そして男女ペアは・・・?
ジャンジャカジャンnotes
2012040104
2位ですscissors うふふsmile
優勝したのは男女ともにJシリーズスポーツクラスの選手でした。うちらももっと頑張って練習を積み重ねていけば,来年はいい勝負になるかなぁ??
商品はスポンサーの一つ,花王のバブにタオル,自転車用のブラシと豪勢に。
2012040105
夜はじゅわじゅわと湧き上がるお風呂で疲れをとりましたheart04

そしてこの緑山ではいろんな舞台裏がありました。

一つは憲太郎と箭内くんが所属している一般のMTBチーム「TeamARI」のメンバーに起こったハプニング。
2012040106
エリートクラスの有持真人さんはチェーン切れ。それでも時間が許す限り自転車を押して走り続ける姿に真のレース魂がひしひしとspa
2012040107
そしてこちらはエキスパートクラスの牧野元さんのハンドルがご覧の通り。ブレーキがフレームの向こう側にくるっとまわりこんでしまって戻らない。当然走れない・・・
MTBレースに出る以上,こういうコトもあるんだなぁとしっかりと目に焼き付けました。

次に思いがけない出会いが。
2012040108
憲太郎が大ファンの小野寺健さん。彼の走りを見て,MTB魂に火がついたそうです。
スペシャライズドのチームジャージも頂いて,有頂天になっている憲太郎。でも小さめなのでもっと痩せに痩せてから着ます。
なぜ小野寺さんと出会ったのか??
それも以前にblogで書いた渡辺Joeさんの紹介。
縁が縁を結ぶ。素晴らしい!
エリートクラスのレースでは小野寺さんの軽やかな走りにほれぼれさせられました。
2012040109

最後に。
これは本当に画期的なコトで,ぜひ全国の大会,他の種目でも注目してほしいと思っています。繰り返しますが,縁は縁を結ぶ,で昨年から本当に多くの方々に出会い理解を得ています。そして渡辺Joeさんの取り計らいもあり,いつもレース前の集合やタイム,周回数などのアナウンスが聞こえずまったく状況が分からないというコトに対する配慮をしてくれるコトになりました。
2012040110 2012040111 2012040112 2012040113
当たり前のコトだと思ってほしいのだけど,ボードに書くと云うコトは,聴覚障害者のためではなく,みんなのためでもあります。つまり,健聴者でもつい聞き逃すコトがありますよね。そういうトキに文字によって情報が視覚的に残っている状況を作るのが大切だと思います。それがたまたまその場にいる聴覚障害者にとって助かった~という感覚になればいいなと切に願っています。
また,昨年の新東名でのレースのトキも事前に聴覚障害者は申し出てキャップカバーを貸し出してもらうとか手話通訳を配置してもらうとか交渉して,実現していただきました。方法はいろいろありますが,サポートを受けるコトで,一般のレースに聴覚障害者も安心して挑み,結果を出していくコトを積み重ねていくのが大切なのかなぁと思いました。

お世話になったスタッフのみなさん,本当にありがとうございましたcherry

|

« 四月、のコト。 | Main | 緑山での舞台裏のコト。 »

Comments

行きたかったです。
息子との約束があり、残念ながら行かれませんでした。

憲太郎さんも、いよいよ復帰まじか、といった感じでしょうか?
また、機会がありましたら ぜひ、お会いしたいです。

Posted by: BABU | Tuesday, 03 April 2012 at 19:02

BABUさん
お久しぶりです。六か月ぶりのMTBは最高でした。
ルイガノグリーンカップは参戦しますか?
もしそうでしたらその時は一緒に楽しみましょう~!

Posted by: けんたろう | Tuesday, 03 April 2012 at 21:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 四月、のコト。 | Main | 緑山での舞台裏のコト。 »