« シマノバイカーズフェスティバル(vol1)のコト。 | Main | シマノバイカーズフェスティバル(vol3)のコト。 »

Friday, 29 July 2011

シマノバイカーズフェスティバル(vol2)のコト。

憲太郎ですbicycle
昨日の「シマノバイカーズフェスティバル(vol1)のコト。」の続きです。

clovercloverclover

このように,私たちろう者にとって云われてみて初めて知るというコトが日常生活の中でたくさんある。たとえば,スーパーで目の前にいるおばさんが突然走りだして,何ごとかと思ったらタイムセールが始まったとのコト。ここのスーパーでは1分前からカウントダウンのカネbellが鳴るコトを後で知った。
ちなみにこのおばさん,ややフライミング気味だったsmile

これは聞こえなくて困るコトというより,、知らなかったコトを教えてもらえて良かったという気持ちが大きい。大切なのはこういったコトをろう者に伝えてくれる存在が周りにいるかどうかというコトだ。

マウンテンバイクレースの中には「Jシリーズ」といってトップクラスの選手による大会があ20110729る。こういった大会は声かけなど必要はない。しかし市民レースでは声かけは大切なマナーだろう。私が抜かれるときにもおそらく声をかけてくれていただろうが,わたしが気付かないケースがあったかもしれない。逆にわたしが抜くトキに,前のヒトにとっては突然過ぎてびっくりさせていたのかもしれない。

ではどうすれば良いだろうか?
実はこれを考えることが楽しかったりするhappy02
知らなかったことを知り,工夫をしてお互いに住みやすい環境を作っていくというコトはけっこうな喜びがあるのだ。

いろんな人に相談してみたら,いくつか案が出てきた。
budジャージの後ろに「耳が聞こえません」という張り紙を貼る。
bud抜かれた瞬間会釈する。抜いた瞬間も会釈する。
budレースの前に実況中継の人にアナウンスで紹介してもらう。
budジャージの後ろの張り紙の内容をさらに工夫して「耳が聞こえません。追い越す方へ お先にどうぞ。追い抜かれた方へ お先に失礼。」と書く。

みなさんんも何か良い案があれば是非教えてください~sign03

vol3に続くrun

|

« シマノバイカーズフェスティバル(vol1)のコト。 | Main | シマノバイカーズフェスティバル(vol3)のコト。 »

Comments

会場で会いましたhideです。2位はいいですねこれからいい刺激ですね。
声掛け合いですが、もし外国人の場合、どうなんでしょうか?日本語通じない人ですが、ロードレースで見かけます。こちら日本人が外国人にどう伝えるか?なんて考える暇ないはずで、黙って走行してます。
私の意見ですがジャージの後ろにろうあであることを明示しておけば後でトラぶっても大丈夫かと思います、相手に断っているので。
では、次のレース頑張って下さい!

Posted by: hide | Saturday, 30 July 2011 at 21:03


普段から、周りに「ろう者」と書いた紙を周りに分かるように持って欲しいですね。

街で見かけた事です。
男性(ろう者)が、女性(健常者)バックを引っぱっていました。

なぜ、男性が女性に声をかけたかはわかりません。

男性は、声を掛けようとしてバックを引っ張ったようなのですが、女性は男性がろう者とは知らなかったようでびっくり!

男性は交番に連れて行かれそうでしたが、その前に、話しはついたようです。

ろう者である男性も、配慮がなかったように思います。
いきなりバックを引っ張られたら、相手は泥棒かと思いますよね?

差別ではなく周りへの配慮の為に、普段からろう者である事を、分かるようにして頂きたいですね。


Posted by: | Sunday, 31 July 2011 at 09:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シマノバイカーズフェスティバル(vol1)のコト。 | Main | シマノバイカーズフェスティバル(vol3)のコト。 »