« Boogie Board!!のコト。 | Main | 「Peace」のコト。 »

Tuesday, 31 May 2011

SDA in 王滝のコト。

憲太郎です。

「セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝(五月)」通称SDAのクロスマウンテンバイク100Kmの部に出場。約1,000名ほどの参加があり100Kmの方は600名ほど。
http://www.powersports.co.jp/sda/11_otaki_bike/index.htm

5月28日(土)の昼に王滝入りし,車のそばにタープを張り準備。
雨もぼちぼち降っていたけど,びしょびしょになるほどではなかった。

ブースではいろいろなメーカーが出店。
201105311_4
自転車のパーツやウェアなどの掘り出し物にワクワクしながら一周。

そして夕方からは,オードブルをつまみながらコース説明会。
201105312_3耳が聞こえないコトを伝えると,スタッフの一人が要約をまとめて書いてくれた。雨のためコースに多少変更もあるという。また,「パタゴニアアドベンチャーレース」という南米チリで行われる過酷なレースに出場した日本選手たちのお話も。パタゴニアアドベンチャーレースはマウンテンバイク&トレッキング&カヌーで約600Kmを8日間かけてほとんど不眠不休で突き進む。またチーム参戦で,男3人+女1人の4人チームと決まっているらしい。2011年2月のレースでは14チーム?のうち,日本からは「チームイーストウィンド」というチームが参戦。そして6チーム?がリタイアする中日本勢は5位という結果。しかも,チームの女性はろっ骨を折っていたとか・・・wobbly

さて5月29日(日)。
201105313この日は大雨警報がでており,降水量が王滝村では200mm(http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/322_02_610_20110529203353.html)以上の豪雨の中でも強行punch本当のアドベンチャーtyphoon

スタート直後には出場したことを10分に1回は後悔する。
201105314_3コースが川状態になっており,先が見えない土砂降りの中,十数キロ近く登りが続く。ときおり激坂と永遠と続くかのような下りが交互に顔を出してくる。
そこを猛スピードで私の横をたくさんの選手が通り過ぎた。追い抜いた数を-1,追い抜かれた数を+1で数えていたが,+50過ぎたあたりでもう数えるのをやめる。

「なぜ私はここにいるのか?」

と自問自答を5分に1回は繰り返した。

「そのうちいいことあるさ」

と自分をなぐさめながら,なんとか第3チェックポイント(CP3/スタートより74.8km地点)にたどりつく。

ここまできたらも うゴールまで行くしかない!

・・・と思ったトキ,大会スタッフよりレース中止を云い渡される。
ここからゴールの間に土砂崩れがおきたのと,増水により橋が決壊したため,トップ70名以降はCP3でレース中止となったのだ。目の前でストップされてしまう現実に対して,悔しいやらホッとするやらいろんな感情が渦巻くなか,エスケープルートを走って戻る。

目の前の川が濁流となってすごい勢いで流れていたtyphoon
またあとで耳に入ったニュースによると,がけ崩れ,熊さん出没でケガ人ありなど・・・
 
先週のルイガノレースはかなり気温が高く熱中症になりそうだったのに,今回は1,000メートル以上の山岳で,しかも土砂降りのため低体温症にやられそうになった。トップクラスの選手いはく,王滝レース始まって以来の豪雨で過酷なレースだったそうだが,わたし個人的には技術や体力の無さはもとより,情けないくらいの自分の心の折れやすさを痛感したレースであったsad

レースが行われたのは王滝村にある普段は開放されていない林道で,ここは日本?と思うほどあまりにもダイナミックな風景がくりひろげられる。メカトラブルもリタイヤも全て自己責任において行われる,まさしくセルフディスカバリーアドベンチャーに相応しい大会で,自転車乗りなら一生に一度はチャレンジする価値大good
好天なら最高だろうsun

SDAは5月と9月の2回開催され,わたしもまた9月に再挑戦する。
201105315_2ちなみに9月は5月の逆ルートです。
みなさんも是非ご一緒に!
42km,20kmのコースもあるので。

最後に・・・
YouTubeに出場選手のヘルメットについているカメラから,今回のコースの映像があったので貼り付けます。
でもこれはまだ余裕ある方で,もっとひどいところもありました。
http://www.youtube.com/watch?v=zuG6vX7sBzo

|

« Boogie Board!!のコト。 | Main | 「Peace」のコト。 »

Comments

前日説明会で筆談させて頂いたボランティアスタッフです!
私は当日、第二関門でパワーバー配ってたのですが、
どうやら気づかない間に通過されたようですね。
打ち切りではありましたが、完走おめでとうございます☆
100Kランで走る時もよく自分との対話になります~。
みんな同じなんですね。

Posted by: ハセマイ | Tuesday, 31 May 2011 at 21:32

初王滝お疲れ様でした。しかし凄い雨でしたね。しかし雨の王滝はよくあることなので雨の林道練習も必要です。また9月にご一緒しましょう。(^o^)(^o^)(^o^)

Posted by: ARI | Wednesday, 01 June 2011 at 05:35

お疲れ様です。
悪天候の中、心も折れそうなのを
神様に見抜かされた気分ですね。(/∀\)

次も挑戦!!
横浜ツアーを思い出します☆

Posted by: かおりん | Wednesday, 01 June 2011 at 09:36


自然を走らせて貰うのだから、少しでも出来たから感謝だね。

自然の厳しさの中にいると、自分の無力さを感じて、謙虚な気持ちが出てくるかもね…。

Posted by: | Wednesday, 01 June 2011 at 18:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Boogie Board!!のコト。 | Main | 「Peace」のコト。 »