« シネマトゥデイのコト。 | Main | @ぴあで・・・!のコト。 »

Friday, 12 June 2009

日本薬剤師会のコト。

日本薬剤師会のウェブサイトにリンクされていましたhappy01

http://www.nichiyaku.or.jp/

日本薬剤師会と云えば、ろう者で構成される全日本ろうあ連盟とおなじく薬剤師たちで構成されている団体である。もともと、あたしは2001年度1年間、製薬会社からの出向で日本薬剤師会で働いていたコトがある。そこではメールによるクスリ相談を主な業務としていたが、聴覚障害者だけではなく一般の方々でも時間の制約なく相談ができるというコトで利用者が多数いた。メールの場合、回答するにしても文の形で残るため、慎重に、きちんと調べて回答しなければならなかった。

この経験は、いまでも非常に役に立っている。
DI(ドラッグインフォメーション)は医療従事者にとっても重要・必要なので、一人の薬剤師としてきちんと責任を持って情報提供しなくてはいけないし、むしろ聞こえない薬剤師もできる業務だと確信した。いまや、薬剤師は単に調剤をするだけではなく、情報収集・提供、自身の学習、指導などとだいじな役割も求められている。だからこそ、自分の業務の中で聴覚障害を持っているうえでできるコトとできないコトをはっきり把握していかねばいけないんだなと思っている。

|

« シネマトゥデイのコト。 | Main | @ぴあで・・・!のコト。 »

Comments

いつもブログ楽しみにしております。「聴覚障害を持っているうえでできるコトとできないコトをはっきり把握していかねばいけないんだなと思っている。」この一文にはっとさせられました。
久美さんは自分に厳しいですね。私も息子が聞こえないのですが、将来そういう風に感じられるように育てていきたいし、私自身も日々できることをもっと精一杯取り組もうと思いました。

Posted by: | Friday, 12 June 2009 at 21:28

happy01rockpaper. DI(ドラッグインフォメーション)というと薬剤師としての医療従事者にとっては大変ですね。資格取得者ではないと医療従事者には務まらないから、危惧しているところもありますぅ。何事にも経験ですからいいね。 
 大正製薬に勤めて資格取ってから病院へ転職なされたそうですが、その退職なされた頃に、大正製薬からインフルエンザ向けの365シリーズの手指ジェルとのどスプレーの解説をホームページで見かけたことがあって、それを使用しちゃいました。けっこういいページでしたけれど、上記のページ(「ゆずり葉」の案内)もいいページで書かれてますね。念のため、小説「ゆずり葉」を図書館員さんに予約してもらってます。読ませていただきますが。
 「久美さんは自分に厳しいですね。」というコメントですが、そうだね、アクティブな方capricornusですね。育児するようになったら、変わるかもしれませんが。
 将来的に、3年後あたりかなー、総務省から次世代携帯電話のLTE式(ロング・ターム・エボリューション)の共通規格を許可したらしい。それによって、普及するのか? これにちょっと気になってました。通信かぁ~ 総務省に郵政省は厳しいねぇ。
 それでは、お元気で。  

Posted by: 第三者?ミーガン | Sunday, 14 June 2009 at 15:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シネマトゥデイのコト。 | Main | @ぴあで・・・!のコト。 »