« 国際モダンホスピタルショウのコト。 | Main | 新しい生命のコト。 »

Saturday, 19 July 2008

一人一人の熱いキモチのコト。

先日、「ゆずり葉」の話を書きました。コメントを寄せてくださった方々、直接声をかけてくださった方々、本当にありがとうございます。当の本人のblogで「ゆずり葉」のコトを書いたので、うちらが中心になっている、うちらのため、と思われちゃったかもですが、この映画はろう者の生きざまを描くコトで全国の一般の方々にも深く浸透していただきたいという大勢のヒトたちの想いが一つになっています。うちらもただその一人としてかかわっています。

先日東京新聞に以下の記事が掲載されました。

***東京新聞 2008年7月17日 夕刊より引用***
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008071702000264.html
聴覚障害者らの映画づくり  『谷根千』ロケ応援

 聴覚障害者らで組織する全日本ろうあ連盟(東京都新宿区)の創立60周年記念の映画「ゆずり葉-君もまた次のきみへ-」を支援しようと、ロケ地となった台東区谷中と文京区の根津、千駄木の通称「谷根千(やねせん)」地域と、文京区の本郷地域の住民有志が「映画『ゆずり葉』谷根千応援団」を結成した。活動の第一弾として今月、聴覚障害者と手話で会話しながら、谷中の町を歩く催しを開いた。 (丹治早智子)

 応援団は、谷中在住で、障害者支援などに取り組む坂部明浩さん(47)が代表。地域誌の編集者らがメンバーとなっている。

 メンバーらは映画を盛り上げようと五日、台東区の手話サークルメンバーらとともに、聴覚障害者を手話で案内しながら谷中を歩く催しを開催。台東区などの聴覚障害者六人が参加した。NHKの手話ニュースキャスターをしている那須英彰さん(41)も、指南役として同行した。

 「五重塔って手話でどうやるの」「おいしいコロッケ屋さんてどこ」。谷中霊園の五重塔跡、町のシンボルとして親しまれている観音寺の築地塀、買い物客でにぎわう谷中銀座商店街-。行く先々で、手話で次々と質問が飛ぶ。手話サークルのメンバーは「初めての手話もたくさんあり勉強になった。これからいろんな人を案内したい」と話した。

 映画は昭和四十年代の東京が舞台。レトロな雰囲気が残る谷中周辺で、九月から約一カ月、ロケが行われる予定だ。映画のスタッフらは、事前準備で通ううちにすっかり谷根千ファンになり、「谷中がろう者の訪れやすい町だとPRしたい」と話しているという。

 ろうあ連盟の本部事務所長で、記念映画製作委員会の久松三二事務局長は「下町の人々の温かさに感謝している。応援に応えるためにも、素晴らしい作品をつくりたい」と意気込んでいる。

 活動は始まったばかり。坂部さんは「定期的に障害者との交流を深めるイベントを開き、映画づくりを応援していきたい」と話す。

 映画は二○○九年六月から全国で上映する予定。映画製作のための寄付や募金も呼び掛けている。問い合わせは、同委員会=電03(3260)8124、ファクスも同じ=へ。

 <映画「ゆずり葉」> 聴覚障害者のベテラン大工を主人公に、差別や偏見に悩みながらも懸命に生きる姿を描く。新葉が出てから古い葉が落ちる植物ユズリハにならい、先達から若者へ、親から子へと受け継がれる絆(きずな)の大切さを伝える意味も込めている。監督・脚本を手掛ける早瀬憲太郎さんをはじめ、聴覚障害者のスタッフやキャストが中心となって制作を進めている。

***引用終わり***

こういう応援って、なかなかできるものではないですよね。撮影現場となる谷根千の方々をはじめ、一人一人の熱いキモチがなければ実現しないと思います。この映画を通して、たくさんの出会いや感動が生まれるコトをあたしはとっても楽しみにしています。

|

« 国際モダンホスピタルショウのコト。 | Main | 新しい生命のコト。 »

Comments

はじめまして。
今日 ゆずり葉のオーディション受けました。1次審査で落ちてしまいましたが
久美さんに会えるとは 思ってなかったので それだけで 何か満足しちゃって。
私は聴者で 手話とかできないのですが 久美さんと話し とかしたかったです。
綺麗な方だと想像してましたがそれ以上にキレイな方でしたshineshine

久美さん もエキストラで出るってblog書いてたので 映画始まったら探してみます。

これからも まだまだ大変だと思いますが お体に気を付けて頑張って下さい★〃

Posted by: 017 | Sunday, 20 July 2008 at 17:39

我が家は毎日新聞ですが、今日の新聞に早瀬さんの写真と「ゆずり葉」の記事が載っていました。 私は、町の手話奉仕員養成講座に通って1年少したちます。 まだまだですがこれからも勉強がんばりたいです。少しでも気持ちが通じあえばと思います。聴覚障がい者の人達は大変でしょうが、どんどん社会にでてもらいたいと思います。

Posted by: akiko | Sunday, 20 July 2008 at 23:00


人生で初めてのオーディション受けさせてもらいました!
二次オーディションで落ちちゃったけど、気持ちの利益はいっぱいいっぱいお持ち帰りできました!健太郎さん、久美さん本当にありがとうごさいます。
感謝してます。両親も喜んでくれましたV(^0^)Vピース(笑)
映画メチャクチャ楽しみにしてるし、僕の友達や、手話関係仲間、会社の仲間に広めます!

(^0^)Vピース(笑)

Posted by: Sーいち☆ | Wednesday, 23 July 2008 at 02:00

兵庫県民のくるりんです。
きょう 日聴紙でゆずり葉の記事を読みました。
相変わらず ご夫婦お忙しそうですね。
次週 ろう教育全国討論集会で 憲太郎さんをお見かけするのを
(お目にかかる時間はなさそうなので・・・  汗)
楽しみにしております。

Posted by: くるりん | Thursday, 31 July 2008 at 07:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 国際モダンホスピタルショウのコト。 | Main | 新しい生命のコト。 »