« 未知生命体?のコト。 | Main | 落下物のコト。 »

Wednesday, 08 March 2006

医療手話の本のコト。

060308-1060308-2
あちこちでも云っていたのですが、あたしの活動のひとつに医療手話の本製作があります。本格的に始まったのが2年前なんだけど、やっとこさで今年の2月始めに1巻目「外来編」を、3月始めには別冊「体と病気」を発行することできました。モチロン、あたしも編集委員の一人です。

今までに出ている手話関係の本は健聴者向けに作られていることが多く、普段手話で会話しているろう者はあまり買わないのが現状です。でも、この本は医療従事者や手話通訳者はモチロン、ろう者にも読んで頂きたいのです。医療従事者にとってはろう者に対する理解や簡単な手話による会話方法を学んで頂きたい。そして手話通訳者にとっては医療現場での通訳活動の技術を高めて頂きたい。
さて、ろう者ですが、ほとんどが医療現場での診療の流れなどが分からないまま受診に来ているというパターンが多いのです。それは小さいときから、聞こえる親や医療従事者もしくは手話通訳者に診療の流れを任せてきたからという理由が主でしょう。ですから、ろう者もどのように症状を伝えればいいのか分からなかったという話もよく聞きます。ろう者も一人の人間です。本人がきちんと納得いく医療が受けられるように、という目的も含まれています。

ぜひ読んで頂けたら嬉しいです。
なお、かなりの好評で売り切れ続出らしいのですぐに手に入るかどうか分かりません。
とりあえずは発行元の全日本ろうあ連盟のWebにも詳細が載っていますので、ご覧になってください。

今日も読んでくださって有難うございま す(/・ω・)/人気blogランキング

|

« 未知生命体?のコト。 | Main | 落下物のコト。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25398/8999783

Listed below are links to weblogs that reference 医療手話の本のコト。:

» 聴覚障害者のコミュニケーション [飛べ!明るく楽イーグル]
おばんです。こちらは楽ちゃんです。今日のテーマは、コミュニケーションの話です。聴覚障害者のコミュニケーションの対応は、何か必要と思いますが?まず口を読み取りする時は、口を大きくゆっくり動かして喋って読み取って分かります。早く動かして喋ると分からないと思...... [Read More]

Tracked on Wednesday, 08 March 2006 at 15:12

» 手話と指点字 [MoonWitch]
ろう者として薬剤師の免許を取得として、 テレビ朝日の「徹子の部屋」で拝見して以来、時々Blogも読ませて頂いてた 『早瀬久美blog 医療手話の本のコト。』さんにTBします。 記事はMy nEWs @moonzにMy CLiP lIsTでリンクしてました。 オススメしたい本の紹介をします。 手話で必見!医療のすべて 外来編 高橋 英孝 / 全日本ろうあ連盟出版局 スコア選択: ★★★★★ 財団法人全日本ろうあ連盟 ここのサイトでは私の好きなw 聖路加国際病院名誉院長 日野原... [Read More]

Tracked on Sunday, 12 March 2006 at 03:37

« 未知生命体?のコト。 | Main | 落下物のコト。 »