« 泣いてしまうのコト。 | Main | 浦安市でのコト。 »

Wednesday, 23 November 2005

柔道のコト。

横浜の岸根公園にある武道館で神奈川県の柔道大会が行われ、中学一年の敬太という子が出た。うちらも応援へ。
トーナメントではなく、3人勝ち抜き戦。敬太はちょっぴり緊張ぎみ。ふと思い出すようにいろいろ話しかけてきた。

出場者はべらぼぅに多いので機械的に次から次へと試合がこなされていく。しかも欠場者もいるから飛びに飛んでえっもう敬太の番?って思うくらいの速さだった。

さて結果はと云うと、一試合で負け。技は締め技。しかもポンポンとパッティングすれば離してくれるのに、耐えたから首が締まって息ができなくなってしまっていた。
あたしはそゆ技があるなんて知らないからびっくりしたけど、よくある技らしいですな。

それにしても、うぅむ、柔道って怖い&痛いイメージぬぐえないなぁ…。すまぬ、ダンナ!(ダンナは二段)

|

« 泣いてしまうのコト。 | Main | 浦安市でのコト。 »

Comments

絞め技は上手な人だと気管(気道〉では無く、頚動脈を圧迫してくれるので苦しまずに失神できます。
動脈の圧迫によって、脳に酸素がいかなくなるためですが。反面下手な人の手に掛かると意識はハッキリしたまま、いつまでも苦しいと言うことになります。

ただこの失神する〈落ちると言いますが)のは、あまりやられていると癖になって”落ちやすく”なると言う現象が起きます。人体の適応力って妙なとこにも働いてるものだと感心?します。

Posted by: 師範牧野 | Friday, 25 November 2005 at 08:58

師範牧野 さんゑ

おひさでっす。
柔道の技も単に身につけるだけではなく、さらに上を目指して磨いていくもんなんですね~。“落ちやすくなる”って人体的にはなんか問題あるのかしら?
そぉそぉダンナさま、昨日から柔道再開しましたよん。

Posted by: KUMI | Thursday, 08 December 2005 at 22:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25398/7287744

Listed below are links to weblogs that reference 柔道のコト。:

» あの国のひとはこんなこともしている [知れば知るほどきらいになる国?]
合衆国ユド協会 公式ウェブサイトにようこそ 私たちのWWWホームで、私たちの協会と東洋の武芸Yudoに触れてみてください。 ユド とはなんでしょう? ユドは伝統武芸です。 高麗王朝期に徒手戦闘術として中国から韓国に伝来しました。 秀吉による朝鮮侵略(1592-97)の時に日本にも伝えられた後、朝鮮王朝後期に朝鮮半島での伝承は失われてしまいます。 1910年に、護身術として現在のような形で日本から韓国にユドが再移入されました。 柔道とユドの間には類似点もありますが、両者には根本... [Read More]

Tracked on Sunday, 27 November 2005 at 13:13

» アクセスアップ? [JHAN愛の柔術]
タイトルからして、柔術と関係ありませんね・・・。ってなわけでJHANです。 思い [Read More]

Tracked on Monday, 27 March 2006 at 23:46

« 泣いてしまうのコト。 | Main | 浦安市でのコト。 »