« 宵待亭のコト。 | Main | COOL BIZのコト。 »

Friday, 17 June 2005

薬学部で、のコト。

昨日、都内の大学薬学部の2年生対象に講義を持たせてもらった。
縁あって、毎年1回2年生のカリキュラムの一コマを頂いている。昨年度も、一昨年度も、そのまた前の年も2年生を前にお話をさせてもらった。
学校の先生にとってはあたりまえのことなんだけど、自分は歳を取るのに対象年齢は変わらないというのがあたしにはやっぱフシギな感じがする。

あと当然だけど、あたしが2年生のトキといまの2年生とは雰囲気が違う(笑)
薬学部は女子の方がちょっと割合が多いというのと薬剤師を目指す!という眼は変わらないけど、「やっぱ違う!」のはファッションかな。あたしが2年のトキはイケてる!と思って着てたファッションもいま見ると恥ずかしくなる。

話がそれちゃいましたが、これからもこういう素晴らしい機会を持ったトキは、自分が薬剤師としてどのようにまわりに伝えていくか?対象が学生の場合は?社会人の場合は?聴者の場合は?ろう者の場合は?などと常に初心にかえりながらしっかりと伝えていきたいなと思っています。

|

« 宵待亭のコト。 | Main | COOL BIZのコト。 »

Comments

はじめまして。自分も某大学薬学部に在籍しています。すごく講義をしてもらいたいと思ってます。・・・って、自分にはそうする力もないんですが。
ファッションはホントみんなすごいですよ。流行先取り!って人もいますし。
あと、すごいのは学部内恋愛ですね(笑)これは、かなりの割合ですよ^^;;早瀬久美さんの大学生活字もそうでしたか?

Posted by: keisuke | Friday, 17 June 2005 at 22:54

 はじめまして、ブログ・『薬学院生・?(仮)のつれづれ日記・書評・クイズ・大学院入試対策』を執筆・管理している?(仮)と申します。

 これまでに薬事法規の講義で、欠格条項の改正・変遷については学んでいたので、そのこと自体は存じていましたが、先日、早瀨さんのブログを偶然お見かけして、薬剤師法(第4・5条)の条文改正のきっかけになったということを知り、ビックリしました。

 「こころの耳」読ませていただきました。法律の壁の重さ・高さと、薬剤師という職種に本当に必要とされている能力について実感・考えさせられました。私も薬剤師という立場上、医療人として肝に銘じなければいけない事を色々と思い返すいい機会になりました。

 今後とも、早瀬さんのブログが益々発展することを祈願して、失礼いたします。(最後で恐縮ですが、トラックバックを貼らせていただきました)

Posted by: ?(仮)@はじめまして。 | Friday, 24 June 2005 at 22:58

こんにちわ!
お返事が遅くなりました(>_<)

▼keisuke さんゑ
おぉ、同じ薬剤師をめざす後輩ですな。がんばってください☆
うちらのトキはファッションや恋愛には関係なくマジメに・・ってヒトが多かったのになぁ。

▼?(仮)@はじめまして。 さんゑ
コメント&トラバ有難うございました!
わぁすごい偶然ですね~。そういう縁って嬉しいです。
同じ医療従事者同士ですから、これからもよきお付き合いをさせて下さいね☆
本当にうれしいわ!(^ー^)

Posted by: KUMI | Tuesday, 05 July 2005 at 23:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25398/4594643

Listed below are links to weblogs that reference 薬学部で、のコト。:

» たまには書評でも。 [薬学院生・?(仮)のつれづれ日記・書評・クイズ・大学院入試対策]
こころの耳 伝えたい。だからあきらめない。早瀬 久美 / 講談社(2004/07/23)Amazonランキング:52,368位Amazonおすすめ度:手話だけじゃない温かい気持ちが得れます。Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog  本当に書評はひさしぶり(約2週間ぶり)になってしまいましたね。ところで、薬事法規を学んだことのある皆さんには、記憶の片隅に残っていることだと思いますが、日本国内では�... [Read More]

Tracked on Friday, 24 June 2005 at 22:36

« 宵待亭のコト。 | Main | COOL BIZのコト。 »