« 採血のコト。 | Main | 感覚の違い?のコト。 »

Tuesday, 09 November 2004

くるみのコト。

あたしと同じ大学出身で薬局で勤務していらっしゃるセンパイ薬剤師さんの取り計らいで、長野県上田市の隣の丸子町にある中学校でお話をさせていただく機会をもった。ほとんどの生徒たちはおそらくろう者や手話を見るのは初めてだったと思う。でもみんな真剣な顔であたしを見てくれていた。
あたしが中学のトキに薬剤師になろうと思ったコトや恋愛のコトなどなど中学時代の思い出を中心に、いまの生徒たちになにが大事なのかを伝えようと考えながらお話をさせてもらった。
最後には、みんなが手を振ってくれてとても温かいキモチになった。
一般の学校でお話をするのは初めてではないけど、毎回毎回子どもたちの顔を見るたびに小さいトキのあたしを思い出してしまう。そのトキは気づかなかった両親の愛情や、友人・周りの大人たちの理解と温かいキモチを改めて感じるので、生徒たちもいまは分からなくても、あたしはいつも伝えたいと思っている。

さて、上田市ではくるみが有名なんですって。ナッツ類の中でもくるみが大好きなんです。かりっとした歯ごたえとじわっとくるみの油が舌にしみわたり、かめばかむほど香ばしいにおいがするのがいいですねぇ。そういえば、くるみ割り人形の物語りもかなり印象に残っているし、あたしの下の名前も「くるみ」と「くみ」で似てるし・・・(笑) 
なので、当然くるみのお菓子も買って来ました。う~ん、やっぱりおいしいですねぇ~。

|

« 採血のコト。 | Main | 感覚の違い?のコト。 »

Comments

「心の耳」を読ませていただきました。
僕は,現在,聾学校の中学部2年生,小川といいます。できれば,将来,薬剤師になりたいと考えています。
早瀬さんは,中学生の時,「薬剤師になりたい」という考ええを持たれたそうですね。だから,「心の耳」の本は,大変興味深く読ませていただきました。いくつもの壁を乗り越え,薬剤師になられたことも本を読んで知りました。僕は,一つでも嫌なことがあると,すぐやめたくなります。でも早瀬さんは,中学生の時,「薬剤師になりたい」という気持ちを持ち続け,がんばり通しました。早瀬さんは僕にとって「すごいがんばりやさん」だと思いました。特に早瀬さんは220万人以上の人の署名をしてもらって,法律という途方もなく,大きな壁を乗り越えられたこともすごいエネルギーがある人だなあと大変感動しました。
 今,僕は「総合学習」という教科で調べる学習をしています。その学習で,将来なりたいと思っていた「薬剤師」について,いろいろ調べました。図書室にある「薬剤師になるには」という本を借りて読みました。でも,やはり聴覚障害で薬剤師になられた早瀬さんに一番質問したくなりました。
 僕は薬剤師になりたいので,どんな勉強方法でやればいいのかなどのアドバイスをいただけたら,とてもありがたいと思っています。
お忙しいとは思いますが,宜しくお願い致します。
                       小川
student2.tateyama-sd@chiba-c.ed.jp

Posted by: | Wednesday, 10 November 2004 at 15:36

小川 さんゑ

お返事が遅くなっちゃってごめんなさいね。
本を読んでくれたとのコト、とっても嬉しいです☆
そしてあとに続くろう薬剤師の後輩が生まれてくると思うととってもわくわくします。
あたしにできるコトは何でも協力するので、これからもがんばって下さいネ。別途、メールも送りますね。

Posted by: KUMI | Wednesday, 17 November 2004 at 00:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25398/1915545

Listed below are links to weblogs that reference くるみのコト。:

« 採血のコト。 | Main | 感覚の違い?のコト。 »