自己紹介文

■早瀨 憲太郎>>
▶奈良県出身。
▶ろう児対象「学習塾 早瀨道場」経営
▶東京都立大塚ろう学校 教育相談指導員
▶関東周辺のろう学校で教員・保護者対象の研修会講師
▶1997年~2010年 非営利団体スマイルフリースクール理事長

【映像作品】
長年ろう児のための映像教材制作に関わっている。
▶1999年 幼児対象の教材ビデオ『絵本であそぼ』
▶ろう児のための娯楽映画/ドラマ
2001年度 『先生』(32分)など
2002年度 『君は誰?』(61分)など
2003年度 『ドキドキニュース』(30分)など
2004年度 『あきらめないで』[大塚ろう学校の生徒たちと制作]
        ▼第1回聴覚障害者映像フェスティバルin嵯峨野 聴覚障害者映像大賞
2005年度 『迂路(うろ)』(大館信広監督作品)[演出・脚本]
        ▼トロント国際ろうフィルム&アートフェスティバル2006 大賞
長編映画部門 最優秀賞
2006年度 『ハワイに行きたい』(32分)
        ▼カナガワデフフェスティバル2006で上映
『カンボジアの風』
        ▼第3回聴覚障害者映像フェスティバルin嵯峨野 ノンフィクション部門大賞
▶『わんぱく子ども放送局』
特定非営利法人CS障害者放送統一機構「目で聴くテレビ」のろう児向けの番組を制作。
▶2008年度 全日本ろうあ連盟60周年記念映画『ゆずり葉』脚本・監督として制作に関わる。

【スポーツ関係】
▶自転車競技選手(ロード・MTB・CX)
▶2013年夏季デフリンピック競技大会 日本代表(ロード・MTB)
▶2014年デフ・ツール・ド・台湾日本代表(ロード)
▶2015年アジア太平洋ろう者競技大会日本代表(ロード)


■早瀨 久美>>
▶大分県生まれ。
▶1998年明治薬科大学薬学部卒業後、薬剤師国家試験に合格。
▶2001年7月欠格条項法改正に伴い、薬剤師免許取得。
▶大正製薬株式会社、日本調剤株式会社を経て、現在、昭和大学病院薬剤部勤務。調剤業務および2007年3月3日からスタートした聴覚障害者外来を担当、また外部関係業務に関わっている。

【活動など】
▶1998年~~2010年
  非営利団体スマイルフリースクールでろう児の指導
▶2004年~2008年
  「医療の手話シリーズ」[財団法人全日本ろうあ連盟出版局発行] 編集委員
▶2006年8月~
  社会福祉法人全国手話研修センター日本手話研究所 日本手話確定普及研究部関東研究班研究員
▶分かりやすい薬の飲み方についてのお話やワークショップを全国各地で開催
▶テレビ出演
「徹子の部屋」
「奇跡体験アンビリバボー」
「ボランティア21」など
▶著書
「こころの耳-伝えたいだからあきらめない」(講談社)
「手話で学ぶクスリの教科書≪服薬指導編≫」(薬事日報社)
「医療の手話シリーズ」(全日本ろうあ連盟)
「服薬支援とアドヒアランスQ&A」(じほう)

【スポーツ関係】
▶自転車競技選手(ロード・MTB・CX)
▶2013年夏季デフリンピック競技大会 日本代表 女子MTB銅メダル
▶2015年アジア太平洋ろう者競技大会帯同スタッフ

Web Sites
▲苗字の「瀬」は「頁」ではなく、「刀」に「貝」となっています。パソコンによっては文字化けしてしまうので、タイトルでは「瀬」を使っています。
▲2016.01現在