Thursday, 13 July 2017

ニセコクラシック140kmレポート

デフリンピックに向けて最後の調整レースに選んだのはニセコクラシック。
調整というより本気の本気で挑まなければならない自分にとって大切なレースだ。

昨年のニセコでそのレース運営のホスピタリティや地元の人たちの熱い応援に感銘を受けたというのもあるが何よりもやはりオーストラリアの世界選手権が大きかった。

40過ぎたアマチュアライダーでも日本を代表して世界と戦えるというのはなんと幸せなことか。世界各国の同年代の選手達との闘いは胸を熱くしてくれた。
デフリンピックも日本を代表して世界各国の耳の聞こえない選手と闘うわけでこれもまた幸せなことだ。

デフリンピックにUCI世界選手権となんとまあ我ながら欲張りと思うが、目標はすばり年代別3位以内、総合10位以内。しかし後日発表されたエントリーリストを見るとあまりにもの強豪勢揃いにやっぱり年代別20位以内にしよう、完走できればいいやと弱気になる。
ともかく那須の鎖骨骨折から1ヶ月、どこまで復帰できたか確認するためにも現時点での持てる力を最大限に出せれば。

前日土曜日にニセコ入り。気合の入った選手から走るのが楽しみで仕方ない顔の人たち、多くの外国の選手たちなど会場の雰囲気がやはりニセコクラシック独特で否が応でも気持ちを盛り上げてくれる。

当日は5時に会場入りして一番前に自転車を置く。
昨年と比べてスタート方法や段取りがいろいろと工夫されていて安全に力を入れている様子が伝わる。

スタート前に勢揃いする選手達の顔を見ながらマークする選手をチェック。マークする選手が多過ぎてこの段階でテンション少し下がる。この選手には今まで勝ったことないんだよなとか余計なことを考える間にスタートの合図。

400人以上なのでリアルスタートまでにできるだけ前に上がろうとするがなかなか上がれず。同じクラスの上手い人はもうはるか前の方にいる。リアルスタートが始まり最初の30分は、こんなペースであと100㎞以上も持つのか?と自問自答するほどキツかった。

中切れにあわないようになんとか前の位置に上がるが自分が中切れしそうになる。
最初の長い登りに入る頃にはトップ集団には自分と同じ緑のゼッケンが8人ほどであとは若いクラスの白とピンクがたくさん。

上りに入って先頭が一気にペースアップ。歯を食いしばってついていこうとするが少しずつ遠さがる。
先は長いし自分のペースで走ればいいという甘い誘惑というか言い訳が頭をよぎる。
気がつくと自分が中切れしてるような。慌ててペース上げると後ろと離れる。あっこれ迷惑なやつだと1人反省。

ピンクの外国の選手が1人力強く抜け出していくのでその後ろにつく。あれよあれよと前にいる人たちを抜いていく。キツくでキツくでひたすら外国の選手のケツだけを見る。

KOM過ぎたあたりで1つの集団になる。この時点で数名のトップ集団と追走集団ができていて私がいるのは第3集団らしい。トップとの差はそんなにないみたいで有力選手が仕切ってローテを回す。

ここで自分の順位を計算。少なくとも前に4人いて、今ここに自分も含めて2人いるわけで今は6位以内。3位以内に入るには前の集団に追いつかなければならない。そんなことできるのか?
1人で抜け出して追う勇気もなく諦めてるわけでもなくなんとなく中途半端な感じで走る。ここが自分の弱いところだ。

絶対に3位以内に入る強い意志さえあれば自ら動いてどうにでも展開を作れるはず。
いやまだ距離あるし、とか集団の方が早いしとか何かと言い訳をつくって動かないパターンが一番良くない。というか楽しくない。

平坦ゾーンで後ろから追走集団が合流して20人以上のけっこうな人数になる。そしてそのまま2番目の長い坂へ。
ここで1人の選手が抜け出す。そこに2人が合流。自分との差はほんの数メートル。追うかスルーするか一瞬迷う。気がついたらかなりの差がつく。

あとで知ったのはその選手は前の集団に追いつき総合5位まで上がったとのこと。
強い選手というのはこういう選手、脚力云々よりも何よりも絶対勝つという強い意志。
何もできなかった自分の情けなさに腹がたつ。

怒りがエネルギーになったのか脚が回り出す。
気がつくと8人ほどに絞られる。そして最後の直線の上り。上り終わる頃には3人ほどに。
クラスが違うので協調して回していく。残り1㎞で2人がアタック気味にペースを上げる。
本能的に踏ん張ってついていく。

そしてゴール。年代別5位、総合19位。
3分先に3位の選手がいた。自分の弱さが3分差に出たのだと思うと悔しくも原因がはっきりして清々しい。デフリンピックに向けて最高の調整になった。
メダルを争う国と国との闘いで最後に勝つのは意志の強さだとこのニセコクラシックに教えてもらった。

19日の最初のレースまであと1週間。しっかり身体を回復させメンタル最高の状態で挑みたい。

ニセコクラシックリザルト
http://nisekoclassic.com/?p=7770

| | Comments (0)

Thursday, 07 January 2016

blogも,のコト。

みなさま,2016年申年も宜しくお願い致します。
このblogは@niftyさんと縁あって2004年から始めさせていただいているのですが,FacebookやTwitterとも連動できるようになってきたので久々に再開してみます☆

…というのも,今日高校3年生の女の子からうれしいコメントが入っていたのでやっぱりblogのほうも見てくれてる人がいるんだよな〜ってコトで☆

みなさま,宜しくお願いしまーす☆

Image_3


| | Comments (3)

Thursday, 13 June 2013

『生命のことづけ』上映のコト。

憲太郎が監督として関わった映画『生命のことづけ~死亡率2倍 障害のある人たちの3.11~』がいよいよ上映されます☆
先日スイスのジュネーヴで行なわれた国連の防災会議でも紹介されました。
この映画は新たな試みとして,字幕/音声解説/手話(オープン)がついていますので,聴覚障害者も視覚障害者も一般の方々も同時に観ることができますよ☆ぜひお誘い合わせのうえ,観に行ってくださいね☆

■日時:2013年6月22日(土)~28日(金)
  22日(土)10:30~12:30
  23日(日)10:30~12:30
  24日(月)10:30~12:30/18:30~20:30
  25日(火)10:30~12:30/18:30~20:30
  26日(水)10:30~12:30
  27日(木)10:30~12:30
  28日(金)10:30~12:30

■場所:渋谷アップリンク
  東京都渋谷区宇田川町37-18  トツネビル

■チケット(当日券)
 一般/学生 ¥1,300(平日学割¥1,000)
 小/中/シニア ¥1,000

■映画情報
・字幕・音声解説・手話付き(オープン)
・監督:早瀨憲太郎(劇映画『ゆずり葉』=商業映画で日本初のろう者監督)[2013年/日本語/37分]
・制作:日本障害フォーラム・日本財団
・製作:特定非営利活動法人CS障害者放送統一機構『目で聴くテレビ』

■特別企画「生命(いのち)のことづけ」上映&トーク・ショー
 2013年6月28日(金)18:30~20:30
 アップリンクにて
 入場料:¥2,000
※早瀬憲太郎監督+藤井克徳JDF幹事会議長
※近日申込み受付開始!

■詳細サイト
・日本障害フォーラム(JDF)
  http://www.normanet.ne.jp/~jdf/movie/
・全日本ろうあ連盟
  http://www.jfd.or.jp/2013/05/13/pid11025
20130613_2

| | Comments (1)

«